滋賀県病院薬剤師会

滋賀県病院薬剤師会
会員専用ページ
滋賀県病院薬剤師会ブログ
UMIN 大学病院医療情報ネットワーク
社団法人日本病院薬剤師会
Get Adobe READER
コンテンツ内のPDF文書をご覧いただくには、Adobe READERが必要です。
ここからダウンロードしてください。
滋賀県病院薬剤師会会則

   第1章  名称および本部
第1条 本会は滋賀県病院薬剤師会という。
第2条 本会の本部は会長所属の病院におく。
   第2章  目的および事業
第3条 本会は滋賀県下の病院、診療所に勤務する薬剤師の相互理解を深め、病院薬学と
    業務の向上発展をはかるとともに、地域社会の保健衛生の増進に寄与することを
    目的とする。
第4条 本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。
    (1)会員の教育と研修に関すること。
    (2)会員の職能の向上と待遇改善に関すること。
    (3)関係諸官庁、諸団体の相互連絡と協力に関すること。
    (4)会員への機関誌の発行および広報に関すること。
    (5)会員相互の親睦に関すること。
    (6)その他本会の目的達成のために必要な事項。
   第3章  会     員
第5条 本会の会員は正会員・特別会員および賛助会員とする。
第6条 正会員は滋賀県下の病院、診療所に勤務する薬剤師をもってする。
第7条 正会員は社団法人日本病院薬剤師会の正会員となる。
第8条 正会員は本会所定の会費を支払う義務を負う。
    2 会費の額は総会において定める。
第9条 特別会員は転退職等により正会員の資格を失ったもの及び上記に該当しない薬剤
    師であって、本会の目的に賛同したもので、それぞれ本会が別に定める会費を納
    入する個人とする。
    2 特別会員は社団法人日本病院薬剤師会の特別会員となる。
第10条 正当な理由なくして会費の納入を怠り、かつ催告に応じないものは、退会したも
    のとみなすことができる。
第11条 賛助会員は本会の目的に賛同し、本会が別に定める会費を納める団体または個人
    で、理事会の承認する者とする。
第12条 本会に名誉会員をおくことができる。
    2 名誉会員は本会に特に顕著な功績のあった者のうちから、理事会の発議と同意
    を経て会長が委嘱する。
第13条 この章に定めるもののほか、会員に関し必要な事項は細則で定める。
   第4章  役員およびその他の機関
第14条 本会に次の役員をおく。
    会長1名、副会長4名以内、理事若干名、監事2名。
第15条 会長は本会を代表し、会務を掌理する。
    2 副会長は会長を補佐し、会長が事故あるときはその職務を代行する。
    3 理事は会長および副会長を補佐し、会務を分掌する。
    4 監事は本会の会計を監査する。
    5 監事は毎年その監査の結果を総会に報告しなければならない。
    6 理事および監事はこれを兼任することができない。
第16条 会長および監事の選出は選挙管理委員によって行う。
    2 選挙管理委員の選出は細則に定める。
     ただし、総会の議決を経て別段の方式によることができる。
    3 副会長および理事は、会長が指名し委嘱する。
第17条 役員の任期は2ケ年とする。ただし、再任は妨げない。
    2 補欠により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
    3 役員は任期満了後も後任者の就任するまではその職務を行う。
第18条 本会に顧問をおくことができる。
    2 顧問は理事会の承認を経て会長が委嘱し、任期は委嘱した会長の在任期間とす
    る。
    3 顧問は会長の必要と認める会議に出席し、意見を述べることができる。ただ
    し、表決に加わることはできない。
   第5章  会     議
第19条 会議は総会および理事会とする。
    第1節  総     会
第20条 総会は通常総会および臨時総会とする。
    2 通常総会は毎年1回会長が招集する。
    3 臨時総会は会長が必要と認めた場合に招集することができる。
    4 総会は正会員数の2分の1以上が出席しなければ開会することが出来ない。
    尚、やむを得ない理由により出席できない場合には委任状でもって、出席した
    ものとみなすことが出きる。 
第21条 次の事項は総会の議決または承認を要する。
    (1)会則の改正ならびに細則の改正
    (2)事業計画
    (3)事業報告
    (4)決  算
    (5)名誉会員の推せんおよび顧問の委嘱
    (6)その他本会の運営に関する重要事項
第22条 総会の議長は会長とする。
    2 総会の議決および承認は出席正会員の多数決による。可否同数のときは議長が
    決める。
     第2節  理  事  会
第23条 理事会は会務を処理する機関であって、会長は要に臨みこれを招集しその議長と
    なる。
    2 理事会は正会員の総意を尊重して、第4条の事業を達成するための会務を処理
    する。
第24条 次の事項は理事会の議決で決める。
    (1)総会を開く余裕のない場合における緊急な事項。
    (2)その他重要な事項。
    (3)本会則に定めなき事項。
    2 前項の議決事項は、次回の総会において承認をうけなければならない。
第25条 理事会の議決は出席者の多数決による。可否同数のときは議長が決める。
第26条 監事は理事会に出席して質問や意見を述べることができる。ただし、表決に加わ
    ることはできない。
   第6章  経費および収入
第27条 本会の経費は会費およびその他の収入をもってあてる。
    2 経費が不足した場合は、総会に諮り臨時に会費を徴収することができる。
第28条 既納の会費は理由のいかんを問わず、これを返却しない。
   第7章  雑     則
第29条 この会則の施行について必要な事項は、会長が理事会の承認を得て別に定める。

付 則  1 本会の事業年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。
     2 この会則は昭和51年5月1日から施行する。
                         昭和53年7月29日 1部改正
                         昭和63年5月14日 1部改正
                         平成6年5月14日 1部改正
                         平成11年5月15日 1部改正
平成19年5月12日 1部改正

滋賀県病院薬剤師会